こどもとそだつ

モンテッソーリ園に通う5歳児、3歳児の育児と育自のブログです

子供が喜ぶ作品収納 5歳娘の本作り

ようやく我が家の子供たちも冬休みが終わり、登園が始まりました。

こうして、幼稚園にいけるだけでもありがたいな…としみじみ感じてしまいます。

 どうか、あたりまえの日常が早く戻ってきますように。

そして、今目の前にある当たり前の幸せを大切にしたいですね。

 

さて、みなさん。子どもたちがおうちで作った作品はどうしていますか?

幼稚園や保育園から持ち帰ってくる作品もありますよね。

今回は我が家の作品保管方法をご紹介してみます。

  

 

園から持ち帰る作品

まず、園から持ち帰ってくるものです。基本的にうちの園では、作品は園で保管しています。七五三、クリスマスなどイベントの時に作る作品、ママにプレゼントしたいという作品などは持ち帰ってきます。

 

園から持ち帰ってきた作品は、立体作品が多いので、リビングや子供スペースなどに数日間飾り、その後はIKEAの収納BOX「SKUBB」に保管しています。姉、弟それぞれ1箱ずつ用意し、ポイポイ収納していきます。

 


 

 

自宅で作る作品

自宅で作る作品は、お絵かき、塗り絵、切り紙、折り紙、などが多いです。作品ができたら、子どもスペースに置いている作品BOXに入れてもらっています。

f:id:kodomotosodatsu:20201231112913j:plain

中央の時計の上のカゴが作品BOXです

kodomotosodatsu.hatenablog.jp

ママにプレゼント~といって持ってきてくれることも多いので、もらった絵や手紙などはB5サイズのマイノート(自分の考えをまとめたり、ちょっとした資料を貼ったりするなんでもノートです)にのりやテープで張っています。あとで見返すと楽しいし、子どももあの時のだ~という感じで喜んでくれています。水彩画など、飾っても綺麗だな~と思った作品はIKEAで購入したフレームに入れて、ダイニングに飾っています。

 

↓この本を読んでから、マイノートはじめました^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしらしさを知るマイノートのつくりかた [ Emi ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/1/14時点)

楽天で購入

 

 

子供たちがハマってたくさん作った作品

最近、子どもたちが喜んでくれた作品の収納は、「1冊の本にする」です。

 

冬休みは、プライムビデオで見始まったポケモンのアニメ(一番古いやつ)にはまり、無料塗り絵を印刷し、大量に塗っていました。

f:id:kodomotosodatsu:20210114195515j:plain

3歳息子の作品 ぬりえ難易度が3歳児にちょうどいい


 

そして我が家の子どもたち、なぜか塗り絵をするとたいていはさみで切り抜くんですよね。^^;ご存じのとおりポケモンの数は大量なので、あっという間にすごい作品の数に…。せっかく頑張って作っているのに、バラバラになっちゃうのはもったいないなと思い、娘には「図鑑にしてみる?」と提案していみました。

 

f:id:kodomotosodatsu:20210114195909j:plain

5歳娘の図鑑

 

図鑑といっても、塗って切り抜いたポケモンをA4紙にのりで貼り、パンチで穴をあけひもで閉じていくという簡単なものです。最初からはさみで切り抜かなければ、閉じるだけで良いので早いんですが、切る・貼るという作業も大事と考え、あえてそこは突っこみません。^^;

 

そしてポケモン1匹ずつ自分で名前を書くので、さりげなく、ひらがなの練習になります。色紙で表紙を付けてあげると少し本らしくなりました。

 

今回作った本はひもで閉じるタイプなので、ポケモンが増えてもどんどん図鑑のページを増やしていくことができます。1冊の本になるのがうれしいようで、全部のポケモンを書きたい~!と、すごい勢いで作品づくりにはげみ、先日の3連休はほぼポケモン図鑑作りでした^^;

 

そして、姉がどんどん作っていく図鑑で色を調べながら、自分のペースで塗り絵をする弟。自分の図鑑が役立っていることが、娘も誇らしいようでした。^^

 

3歳息子もはさみはだいぶ上手になりましたが、細かい曲線などはまだ難しいのでシンプルな形のポケモンだけ自分で選びながら切り抜きます。難しいのはママ切って~と持ってくるので、私が担当です。

 

ひもで閉じる本以外にも、枚数が少なければ、太めの針と糸で本を閉じるのも楽しいです^^