こどもとそだつ

公立小1年生、モンテッソーリ園に通う5歳児の育児と育自のブログです

声をかけ続けること

モンテッソーリの先生のブログやインスタを見たり、ボイシーを聞くのが大好きです。

凝り固まった自分の考えを、ゆっくりとほぐしてくれる。そんな存在です。

 

つばめの家というモンテッソーリの教室を運営されている、

藤原美先生のブログが、今の私のこころに響き、励まされました。

小学生のモンテッソーリ教育、とっても興味あります。

 

今回の記事は、小学生の片付けについて。

 

・散らかったら親が整え、こうしていると気持ちがいいね。と「繰り返す」

・毎日使うものは必ず元に戻すことを常に声を掛ける。

・小学生には「思い出させる」がとても大切。

・声のかけ方は「これどこに片付けるんだった?」「これはどうするんだった?」

 

私は、この「繰り返す」「常に声を掛ける」が決定的に苦手でした。

かましい親、と子供に思われたくない。とか、「やだ~!」といわれると心が折れるので、今日はいいか…。と自分も子供も甘やかしてしまったり。

 

そういわれないための環境設定には時間を割いてきたけど、声掛けを怠っていました。

これは甘えさせ、ではなく甘やかしだったな…。と反省。

 

我が家の場合は、

・帰ってきてからの幼稚園のお道具の片付け

・靴をそろえる

上着を掛ける

・脱いだパジャマは脱衣所へ運ぶ

・裏返しにぬいでしまったら元に戻す

・寝る前にはおもちゃを元に戻す

・習い事のバックは元の場所へ掛ける

 

このリマインドは忘れずに声を掛けよう。ただし、声のかけ方には注意注意…。

 

www.tubamenoie-monte.com

 

ちなみに、つばめの家の商品は過去に色々購入させてもらっています。

幼児用の椅子や、絵具セット、藤原先生の書籍など・・・。

 

どれも機能面で優れているだけでなく、デザインがとっても素敵なので、どれもお気に入りです。